紹介作品

乙武広匡+むぎわらしんたろう『とっても大好きドラえもん』(2000)
むぎわらしんたろう『ドラベース』(2000)
萩原伸一『ぼく!ミニドラえもん』(1998)
『ザ・ドラえもんズ』 映画・コミック(1995〜)
いそほゆうすけ『ドラミちゃん』(1990)
映画『ドラミちゃんミニドラSOS!!!』(1989)
TVスペシャル『ドラえもんびっくりオール百科』パート1・2(1980)
方倉陽二『ドラえもん百科』(1977)
しのだひでお/『ドラえもん発明教室』、ドラQパーマン、カードなど
ヨシダ忠/ドラえもんふしきシリーズ
ドラえもん学習まんがシリーズ/その他(〜現在)


乙武広匡+むぎわらしんたろう
『とっても大好きドラえもん』
『五体不満足』の乙武広匡さんがひみつ道具をテーマにした詩を書き、むぎわらさんが見開きのカラーイラストを描かかれています。小学館の大型ドラえもん本が福祉関係の賞を取った際に、たまたまいらしていた乙武もドラえもんが好きだということがわかり、小一編集部が執筆を依頼されたそうです。
2000年10月号から「小学一年生」で連載、2001年度も同誌で連載中


むぎわらしんたろう『ドラベース』
萩原伸一氏がペンネームを変えて描かれているドラえもんと野球スポコンまんがを合体させたもの。少年まんがの醍醐味である何かをやりたいという情熱や友情がストレ−トに描かれていて気持ちの良い作品です。その魅力を紹介します。

2000年より「コロコロコミック」にて好評連載中

第01話 がんばれ!ドラーズ        00/09 1
第02話 思い出のバット          00/10 1
第03話 あきらめない!!         00/11 1
第04話 反撃開始!            00/12 1
第05話 初勝利!!            01/01 1
第06話 魔球Wボール           01/02 1
第07話 無人島(秘)合宿!?       01/03 1
第08話 ビックドームカップ開幕!!    01/04 1
第09話 強敵!?山寺ベアーズ       01/05 2
第10話 ポコえもんのひみつ        01/06 2
第11話 勝利への執念           01/07 2
第12話 熱闘決着!!           01/08 2
第13話 新しい仲間            01/09 2
第14話 ルーキー大活躍!?        01/10 2
第15話 Wボールを打つために       01/11 2
第16話 無題(出るか、Wボール!?)   01/12 -
第17話 無題(昔は最高の友達…)     02/01 -
第18話 無題(Wボールついに敗れる!?) 02/02 -
第19話 無題(謎の新キャラ初登場!)   02/03 -
※単行本未収録分は、雑誌掲載時に無題のため、ネオ・ユートピア編集部でつけた仮題です。


萩原伸一『ぼく!ミニドラえもん』
のび太が保護者で、ミニドラがドジという設定を逆にしたアイデアの面白さ。ドラえもんは全く出てこない、ドラえもんの世界でありながら別の作品という意欲作の魅力を紹介します。

1998年より「コロコロコミック」にて不定期連載・全5話

話数  サブタイトル            @掲載号 収録巻
第1話 無題(小さな体で大活躍!!)   98/05 -
第2話 無題(大航海で大後悔!?)    98/06 -
第3話 無題(心の友はだれ?)      98/07 -
第4話 無題(白衣の天使が現れた!?)  98/08 -
第5話 無題(音楽の力はスゴイ!?)   99/05 -
※単行本化されていません。サブタイトルは、雑誌掲載に無題だったため、ネオ・ユートピア編集部でつけた仮題です。


『ザ・ドラえもんズ』
映画、コミック(田中版、三谷版)
ゲーム、映画『2112 ドラえもん誕生』、映画『ドラえもんズ』の誕生、田中道明氏、三谷幸広氏によるコミック版の連載開始などドラえもんズの歴史を振り返ります。

映画ザ・ドラえもんズシリーズ
2112年 ドラえもん誕生           1995年公開
ドラミ&ドラえもんズ ロボット学校七不思議!? 1996年公開
ザ・ドラえもんズ 怪盗ドラパン 謎の挑戦状!  1997年公開
ザ・ドラえもんズ ムシムシぴょんぴょん大作戦! 1998年公開
ザ・ドラえもんズ おかしなお菓子なオカシナナ? 1999年公開
ザ・ドラえもんズ ドキドキ機関車大暴走!    2000年公開
ドラミ&ドラえもんズ 宇宙ランド危機イッパツ! 2001年公開
ザ・ドラえもんズ ・制作決定           2002年公開

田中道明版コミック版
・ドラえもんゲームコミック
 『ザ・ドラえもんズ』1〜6巻まで
※別冊コロコロコミックおよび低学年の学年誌に掲載されたものを単行本化

三谷幸宏版コミック版
・ドラえもんゲームコミック 
『ザ・ドラえもんズ・スペシャル』 1〜9巻まで
※小学五年生、六年生に同時掲載されたものを単行本化
・ドラえもんゲームコミック 
『ザ・ドラえもんズ・スペシャル ロボット養成学校・編』1〜2巻まで
※小学四年生に掲載されたものを単行本化

スペシャル版
『3DOソフトまんが版 ドラえもん 友情伝説ザ・ドラえもんズ』
  まんが・田中道明 1995年5月発売 
『ドラえもんゲームコミック ザ・ドラえもんズ百科』
 まんが・田中道明/三谷幸広 1995年10月発売
『ドラえもんゲームコミック ザ・ドラえもんズ どきどきクイズランド』
 まんが・三谷幸広/たかや健二 1997年2月発売


いそほゆうすけ『ドラミちゃん』
駄目少年のび太の代わりに、駄目少女ジャイ子を主人公にするというアイデアの面白さ。また、タイムマシンの入り口がトイレの中だったり、優等生のアザミ、腰巾着のケラ子、憧れの少年ひかるくんとのやりとりも楽しい痛快作。

1990年7月号より小学館「ぴょんぴょん」に1年間連載

話数 サブタイトル            掲載号 収録巻
第1話 無題(ドラミちゃん登場!)    90/07 -
第2話 無題(ジャイ子ちゃんのお手伝い) 90/08 -
第3話 無題(ひかるくんの秘密)     90/09 -
第4話 無題(漫画原稿行方不明事件)   90/10 -
第5話 無題(忘れんぼジャイ子ちゃん)  90/11 -
第6話 無題(ジャイ子ちゃんデート作戦) 90/12 -
第7話 無題(ジャイ子ちゃんのお年玉)  91/01 -
第8話 バレンタインは、キューピッド・
     リボンで大成功…!?の巻    91/02 -
第9話 無題(ジャイ子ちゃんは痩せたい) 91/03 -
第10話 無題(ジャイ子ちゃん、勉強する) 91/04 -
第11話 無題(寝ぼ助ジャイ子ちゃん)    91/05 -
第12話 無題(ジャイ子ちゃん、運動する) 91/06 -
※単行本化されていません。第8話以外のサブタイトルは、雑誌掲載時に無題だったため、編集部でつけた仮題です。


映画『ドラミちゃんミニドラSOS!!!』
描き込まれた魅力的な未来世界のディテール、のび太の息子ノビスケたちの生き生きとした楽しい描写、クライマックスの盛り上がるストーリーは今なおその輝きを失っておりません。映画『ドラミちゃん』シリーズ『アララ少年山賊団!』『ときめきそーらーくるまによん』『ハロー恐竜キッズ!!』『青いストローハット』、たかや健二氏によるコミック版『ミニドラSOS!!!』も紹介します。
映画ドラミちゃんシリーズ
ドラミちゃん ミニドラSOS!!!        1989年公開
ドラミちゃん アララ(ハートマーク)少年山賊団! 1991年公開
ドラミちゃん ハロー恐竜キッズ!!        1993年公開
ドラミちゃん 青いストローハット         1994年公開


TVスペシャル『ドラえもんびっくりオール百科』
パート1・2
方倉陽二氏『ドラえもん百科』をベースに作られたと思われるテレビスペシャル。ドラえもんの顔をした大きなドラえもん製造マシン、現在のドラえもんと生まれたばかりのドラえもんの対決など大胆なオリジナルアレンジも楽しい作品です。パート2はドラミちゃんの登場編。

ドラえもんびっくりオール百科!! パート1
PART I   ドラえもん誕生
PART II   ドラえもん対ドラえもん
PART III  未来の国からはるばると
※絵コンテ・演出 森脇真琴
(80年1月2日 特番「'80お正月だよ!ドラえもん」内で放送)

ドラえもんびっくりオール百科!! パート2
PART I   ドラミちゃん登場!
PART II   ドラえもんの故郷へ!
PART III  ドラえもんVSドラミちゃん
※絵コンテ・演出 もとひら了
(80年4月8日 特番「春だ!一番ドラえもん祭り!!」内で放送)


方倉陽二『ドラえもん百科』
暴走するギャグ、オリジナル設定の爆発。痛快ギャグ、名調子、その魅力を紹介します。原作に逆輸入された方倉設定も紹介します。姉妹編『ドラミちゃん秘密ブック』も紹介。

小学館「コロコロコミック」に77年5月号の創刊号より81年4月号まで4年間連載

話数 サブタイトル               掲載号 収録巻
第1話 ドラえもん図鑑             77/05 1
第2話 同上                  77/08 1
第3話 ドラえもん秘密百科           77/11 1
第4話 同上                  78/01 1
第5話 同上                  78/03 1
第6話 ドラえもん               78/05 1
第7話 ディスクジョッキー           78/07 1
第8話 同上                  78/09 1
第9話 同上                  78/11 1
第10話 同上                 79/01 1
第11話 ドラえもんテレビ化記念        79/03 1
第12話 ドラえもんもしもの世界        79/04 1
第13話 同上                 79/05 1
第14話 ドラえもんテレビ化記念        79/06 1
第15話 ドラえもん ザ・ベストワン      79/07 1
番外 決定版ドラえもんじてん          79/07 1
第16話 通知表大公開!            79/08 1
第17話 ドラミちゃん秘密百科         79/09 1
第18話 ギネスブックに挑戦          79/10 1
第19話 ズバリ! 占い大百科         79/11 2
第20話 ロボットナンバーワン         79/12 2
第21話 ドラえもん未来都市へ帰る       80/01 2
第22話 四次元ポケットの大秘密        80/02 2
第23話 恐竜大集合              80/03 2
第24話 映画「のび太の恐竜」大公開      80/04 2
第25話 動物型未来ロボット          80/05 2
第26話 ロボット定期健康診断         80/06 2
第27話 ジュニアショップベンリヤ       80/07 2
第28話 ドラの夏休み計画表          80/08 2
番外 ドラドラミ兄弟百科            80/08 2
第29話 ドラのハッピーバースデー       80/09 -
第30話 タイムマシンてってい講座       80/10 -
第31話 ドラ映画第2弾は何?         80/11 -
第32話 ドラえもん映画情報PART1     80/12 -
第33話 ドラえもん映画情報PART2     81/01 -
第34話 映画「ドラ」子ども電話相談      81/02 -
第35話 撮影秘話!              81/03 -
第36話 最終回「ドラえもんから怪物くんへ」  81/04 -

※単行本は、小学館から2冊刊行されました。第1話から第28および番外(80/08掲載分)までは単行本より、それ以降は雑誌掲載時のサブタイトルです。単行本収録分は、単行本収録時に時事ネタなどが一部頁単位またはコマ単位でカットされています。

ドラミちゃんひみつBOOK
話数 サブタイトル               掲載号 収録巻
第1話 ドラミちゃん秘密ブック         79/10 2
第2話 ドラミちゃんの一週間          79/11 2
第3話 ドラミちゃん質問箱           79/12 2
第4話 ドラミちゃん秘密アルバム        80/01 2
第5話 ドラミちゃん出演まんがリスト      80/02 2
第6話 もしドラミちゃんが弟だったら?     80/03 2
第7話 美女対決!ドラミちゃんVSしずかちゃん 80/04 2

※この作品は、「ドラえもん百科」と併行で掲載され、「ドラえもん百科」第2巻に収録されています。


しのだひでお/発明教室、ドラQパーマン、カードなど
しのだ氏はカットやイラストの仕事が中心で正確には漫画ではないのですが、ドラブームのリアルタイム世代にはしのだ氏の描くていねいな絵、品のある線の魅力を感じている人は多いはず。そのしのだ氏のドラ関係の仕事の魅力を紹介します。
1970年代より小学館・学年誌・「コロコロコミック」にて


ヨシダ忠ほか/ドラえもんふしきシリーズ
パンティをスカートにつけて走ったり歯ぎしりをして悔しがるしずちゃんや、ギャハハとオーバーなアクションで笑うのび太たちが登場し、独特の世界を醸し出しています。ヨシダ氏はなぞなぞ漫画の大家でもある、笑わずにはいられないヨシダ風味ドラの世界を紹介します。

小学館より1977年101コミックスとして発行後、1979年新装版として再刊

1. ロボットのふしぎ 竹村よしひこ 1977年7月初版
2. うらないのふしぎ ヨシダ忠 1976年10月初版
3. 動物クイズ しのだひでお 1977年7月初版
4. なぞなぞクイズ ヨシダ忠 1977年1月初版
5. 日本のなぞとふしぎ 方倉陽二・ヨシダ忠 ?


学習まんが・そのほか

意外に侮れない現在盛況を呈しているドラえもんの学習まんがの世界(俳句・短歌の読み方や、らくらく勉強法、楽譜の読み方というのまであり非常に突っ込んだテーマが題材になり大変売れているそうです。また晩年のさらに磨きのかかった方倉さんの仕事も見ることができます)や上記で紹介しきれなかった作品を紹介します。

今でも買える円熟の方倉陽二の世界
「ドラえもんの国語おもしろ攻略 すらすら作文が書ける」(94年) 

なによりお勧めなのが本書です。文房具でできたシュールな作文ワールドで、海賊アクブン(悪文)率いる作文ワールドと戦うのび太たちというストーリー。ドラえもんが作例で自分の生い立ちを語るのですが、2112以前の設定だったりします。そして、現在絶版本や入手困難な作品が多い藤子関連書籍ですが、この本は現行商品で大抵の児童書コーナーで簡単に手に入ります。ポップでクールな円熟の方倉ワールドを是非ご堪能ください!

(下記URLでも買えます。表紙は普通のF風ですが、クリックするとそこには電話の受話器をもった鼻タレドラが!まぎれもない方倉ワールド!)

http://www.s-book.com/plsql/sbc_bookj?isbn=4092531524&jcode=91514

気に入ったら、以下の3冊もどうぞ。
「数量関係がわかる」(93年)…落花生のバターくんとのび太たちは地球征服を狙うカカオ星と数量問題で戦う。…店頭在庫のみの模様です。
「てつぼうとびばこができる」(95年)…鉄棒編では全編しずかちゃんがブルマ姿で登場します。。
「水泳が楽しくできる」(98年)…後半突然さいとうはるお氏が手掛けており絶筆の一つと思われます。

正直言うと昔は方倉さんのデフォルメに抵抗があった口なのですが、一歩離れて見直して見ると方倉さんの絵はアメコミの影響を受けていて、鳥山明さんに通じるポップさが感じられます。昔は「これ違う」と避けていたのに、いまでは学習まんがの中から方倉さんの作品を探してしまうようになってしまいました…。

1970年代より小学館より書き下ろし


戻る