特集あとがき

●長年に渡って数多く描かれ続けているにもかかわらず、今まであまり注目される機会の無かった『F先生じゃないドラえもん』作品群。それこそ星の数ほどありそうですが、今回はひとまず目に付いたものの中から代表的だと思われるものを拾い集めました。そのほとんどは元アシスタントであった方々の手によるものであり、実際の本家『ドラえもん』を手掛けた方々の手による作品群です。それぞれの作品を描いた作家陣はクリエーターである以上、自分の個性を作品に込めるのは当然でしょう。その一方でF先生が築いた世界を壊してはいけない。少なくとも今回紹介した作品群は、そんな制約の中でベストを尽くしたであろう作品群だと思います。
 絵柄の違いや雰囲気の違い等に惑わされず食わず嫌いなどしないで、まずは今回紹介した作品群を手にしてみませんか?「やっぱり違うよ」とか「これはこれでイイじゃん」とか作品毎に感じるものが有ると思います。「これはこれでいいじゃん」を感じて戴けたならば、今回の特集をやった甲斐が有ったというものです。現在入手可能なものも沢山有るので、是非とも実際に観てみて下さい。【バロン亀山】
●よくドラえもんを誰が描いたかを「鑑定」して、F先生じゃないと、それだけで読まないという見かたがあります。F先生がそれだけ図抜けて面白いのは確かですから、それもしかたがないことなのですが、どうもこれが作品の価値ではなく市場価値で取り引きする美術品ブローカーの鑑定みたいな冷たい感じがして嫌だったのです。実際、今回これらの作品をまとめて読んで見て思ったのですが、漫画やアニメは絵ではなく、アイデアであり、ストーリーであり、とんちであり、絵についてはそれぞれで完成されていて、魅力があればF先生に似ているかどうかなど気にならなくなります。実物を目の前にしてみるとわかると思います。
 個人的な今回の大きな収穫は、田中版・三谷版『ザ・ドラえもんズ』(特に三谷版の友情をテーマにしたドラマチックなストーリーは往年の「大長編」にも負けないものだと思います)、方倉さん(「すらすら作文がかける」がイチオシ!)を初めとする方々による『学習まんが』でした。これらは特集の記事を書くに当たって初めて読んだものですが、とても面白かったです。【てふてふ】


戻る