★楽しい未来を描きたかった


『ドラミちゃん ミニドラSOS !!! 』監督


森脇真琴監督 
MORIWAKI MAKOTO

プロフィール:北海道生まれ。シンエイ動画入社後『一球さん』で動画から演助になり、シンエイ版『ドラえもん』で草創期から '89 年頃まで演出を担当。劇場版『怪物くん デーモンの剣』『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』では演助を担当。『ドラえもん』の演出のかたわら、 '83 年頃あにまる屋に移籍され、『ハイスクール奇面組』『YAWARA!』など多数の作品の演出、『おるすばんエビちゅ』( '99 )では監督を担当されている。お気に入りは、『ドラえもん』の TV スペシャル『のび太の海底ハイキング』(絵コンテ・演出)、『さすがの猿飛』(数本演出を担当)だそう。現在(取材当時)は、テレビ東京系『Dr.リンにきいてみて!』に演出で参加されている。

■シンエイ版ドラえもん

― シンエイ動画入社までの経緯をお聞かせください。


札幌の大学に行っていたんですが1年休学して、東京に来てぶらぶらしていたんです。アニメのアの字も知らなかったんですが、近所にあったシンエイ動画が、ちょうど人を募集していて入社しました。最初は動画でした。水島新司原作の『一球さん』をやっているときに、演出助手(演助)になったんです。動画から演助までは1年たっていなかったと思います。しばらくして『ドラえもん』が始まって、絵コンテや演出をやりだしました。


初期の『ドラえもん』演出は、福富博さん、もとひら了さん、森脇さんがメインだったと伺いました。


最初は誰か監督がいたと思うのですが、福富さんだったかな。福富さんが途中から『怪物くん』に移られたので、私ともとひらさんが演出をやるということだったと思います。


『ドラえもん』初期は森脇さんが多数演出されています。

 当時は演出担当者=絵コンテ担当と考えてよいでしょうか?


いえ違います。こんなに頻繁には描けないので、多分他の人が描いた絵コンテを演出したんだと思います。『ドラえもん』で最初に絵コンテを描いたのは、確か「のび太のおよめさん」だったかなあ。印象深い作品はいくつかあるのですが、さすがに全ては覚えていないですね。最初の頃は、野性味があって、キャラクターも崩れていたりしましたけど、よく動いてましたよね。


先生からのご注文は?


そのころ20歳くらいで、藤子先生と年代が違うせいか、私にとっては絵が今風じゃないと思うことがあって、あるとき熊の人形が出て、「原作に似なくていいから」と絵コンテに原作と違う熊を描いちゃったんですよ。そしたらちょっと怒っていたと後で聞きました。今にして思えばなんと恐れ多いことやったのだろうと思います(笑)。

森脇 そういえば単なる偶然かもしれませんが、のび太のくせに」というセリフを最初に使ったのは私じゃないかとも思うんです。それを声優さんたちがその後アドリブで使い出して。『ミニドラSOS !!! 』でも「スネ樹のくせに」というパロディをやっています。というのは、妹と中学高校のときに、「○○のくせにー」「真琴のくせにー」とかってやりあっていたのが、絵コンテに出たものなんです。だから、密かにあれは私が最初じゃないかと思っているのですが、ご存知ないでしょうか。


興味深いですね。今はわからないのですが、後日調査してみます。

■びっくりオール百科

やりました。やりました。確か私が気に入っていたのが、ドラえもんが「いやあドラえもんて本当にいいですよね。」とやる映画解説者の水野晴郎さんのパロディです。パート2も私にやらないかって言われたんですが、そのとき特番の『のび太の海底ハイキング』をやりたかったので、パート2はもとひらさんがやられて、そこから淀川長治さんのパロディに変わったんです。そしたら、そっちの方が有名になってしまいました(笑)。確かにあのマユが動くとこ、面白かった !!


■ミニドラSOS !!! で描かれた未来世界

立ち上げの経緯についてを教えてください。

一番最初、シノプシスを作る前に西新宿のF先生の事務所で会議をしました。会議室に先生が入ってくると、起立!みたいな感じで、とても緊張しました(笑)。色んなアイデアを出して、F先生がいやそれはとか、それは面白いねとか。そんな感じで方向付けをしていきました。私はドラミちゃんがとても優等生すぎると思ったので、例えばお酒でなくて、ジュースか何か飲むと性格がガラッと変わるというのはどうでしょうかと言ったのですが、F先生はいやそれは違うとおっしゃられて。確かにそういう設定を持ち込んだらキャラクターのイメージが壊れちゃうでしょうね。結局ドラミちゃんは、ゴキブリが嫌いというところで、人間味が出るシーンを入れました。海底牧場というのはF先生のアイデアで、本かテレビからだったと思います。


細かいところまでF先生が見られたんですか?

対面では最初の会議だけですね。あとは、第一稿、第二稿ってシナリオ書いていって、意見を聞いたりしながら作っていったと思います。

未来の描写はとてもわくわくしました。


当時としては面白かったですよね。あのころ私自身が未来にとても凝っていたんです。今もそうなのかもしれませんが、当時は環境問題などで、『ブレードランナー』のような荒廃した未来だとなんとなく説得力があって、夢のある未来というのは、作ったとしてもお客がまず受け入れないんじゃないかという空気だったんです。その辺り、少し後に公開された『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は過去へ行ったりしてあえて表現していませんでしたね。あまり未来世界を楽しめませんでした。もっと未来の道具などで、楽しく作りたかったのかもしれないんだけど、本当にそれができない時代でしたね。
昔、朝起きたらベルトに載って、歯を磨いてくれて、ボタンで食べ物全部出てきてという明るい未来を描いたアメリカのアニメが大好きだったんです。当時はそういう夢のような未来というのをみんなも楽しんでいたと思うんです。だから明るい未来もあってといいなって。
ですから、もちろん子供たちの関係とか楽しさとか、ぶつかり合いなどがドラマの核としてあるのですが、背景に見える未来世界も自分の中ではかなり大きかったです。
時間があれば導入でもう15分くらいは未来都市の姿を描きたかったです。サッカーのシーンなども絡ませながら、朝起きて学校に行くとか、そういうシーンも欲しかったな。冒頭は音楽も良かったと思うし。もっとやりたかったです

 

この作品はドラえもんのオールナイトでも何回かかけられてますし、

  ファンの間でも人気があります。


それは知りませんでした。作品って作り手の後悔というのはありますよね、いろいろそれがあっても、なんとなく愛着があってすごく無邪気な作品になっているなあって思えて、自分ではとても気に入っている作品です。

 

この世界観で別のシリーズを立ち上げよう、というお話はなかったのですか?


ほんとに設定がよくできているから、私としてももっと見たい思ったので、もったいないですよね。もし、続編の話があったら、また監督をやってみたいですね。ファンの方から出版社やシンエイ動画さんに是非プッシュしてくださいね(笑) 。

貴重なお話本当にありがとうございました。

2001.10.14

田無にて

取材:加藤・蝶野


● はみだし情報 ●

  • 「のび太のくせに」について 。ドラえもん専門ページ「ドラちゃんのお部屋」を主宰するNU会員の大畑哲也さんにお尋ねしたところ、「のび太のくせに」は、シンエイ版放送開始前の77年の原作、「人生やりなおし機」が初出だそう。ただし、もしアニメの「人生やりなおし機」(第71話・79年)より前の作品で、「のび太のくせに」が登場していれば、アニメ版の「のび太のくせに」が原作とは関係なく森脇さんの子供の頃の体験から生まれた可能性もあるのでは、この裏付けを取るためには、アニメドラで森脇さんがコンテ・演出を担当された回を観返して、アニメで初めて「のび太のくせに」が出てきたかを調べると良いです、とのことでした。「ドラちゃんのお部屋」には、原作版「のび太のくせに」リストもあります。
 
  • 森脇さんのドラえもんの参加作品 は、前出の大畑さんの「ドラちゃんのおへや」のホームページまたは当会スタッフ加藤周司発行の「アニメ・ドラえもん放映リスト」(冊子のお問い合わせは katosyu@par.odn.ne.jp まで)をご覧ください。
  • 現在(取材当時)森脇監督が担当している 『Dr.リンにきいてみて!』 は毎週月曜日、テレビ東京系で午後6時半から放送された。しばらくぶりにローテーションで参加され、作品内容も性にあっているので、新鮮な気持ちで演出されているそうです。